地域共生を支える
医療・介護・市民
全国ネットワーク
第1回
全国の集い

2022年 9月
18日(日)・19日(月・祝)

平塚プレジール

News and Release

  • 2021年11月1日

    ホームページ公開いたしました。

    各コンテンツの情報は、決まり次第、更新させていただきます。

大会概要

開催名 第1回 地域共生を支える医療・介護・市民全国ネットワーク 全国の集い in 湘南ひらつか2022
テーマ 地域共生社会はみんなで支える。
誰もが安心して暮らせるまちをつくる。
大会長 内門 大丈(メモリーケアクリニック湘南 院長)
副大会長 亀井克典(医療法人生寿会 理事長)
武部貴則(横浜市立大学 コミュニケーション・デザイン・センター)
岩﨑和子(平塚市 福祉部長)
木川康雄(社会福祉法人平塚市社会福祉協議会 会長)
※2021年11月現在
会期 2022年9月18日(日)・19日(月・祝)
会場 平塚プレジール
主催 NPO 地域共生を支える医療・介護・市民全国ネットワーク
運営事務局 有限会社ヤマダプランニング(担当:山田 守)
〒020-0857 岩手県盛岡市北飯岡1丁目5-5
TEL: 019-635-6011 FAX: 019-635-6033
E-mail: rsnn2022@yamada-planning.co.jp

ごあいさつ

大会長 内門大丈
メモリーケアクリニック湘南院長
2022年の本大会は、2つの“大きな変化”とともに開催する運びとなりました。

1つ目は「特定非営利活動法人NPO在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク」と「地域医療研究会」の両組織が合併し、2021年11月に「NPO地域共生を支える医療・介護・市民全国ネットワーク」として生まれ変わりました。略称は、「地域共生全国ネット」という親しみやすく覚えやすいネーミングとなりました。
この法人の目的は、「人が心身のみならず、社会的・経済的にも様々な問題を抱えても住み慣れた地域でともに支え合いながら、安心して子育てができ成長し最期まで生活することができる『地域共生社会』の構築及び維持発展に寄与することを目的とする」とされています。
「地域共生社会」とは、世代や分野を超えて人がつながり、分野ごとの課題解決でなく包括的に丸ごと支援する地域社会を作ることであり、誰もが支え支えられるものになります。
これにより、医療・介護・福祉領域だけでなく市民も含め様々なジャンルで活躍される皆様との情報共有が、より一層可能となり、同じ志を抱く仲間として業種の枠を超えた活動が実現されていくと思います。

2つ目は、類を見ない新型コロナウイルスの猛威により、世界中が「生きること」「人とのつながりの大切さ」を考えさせられることとなりました。
2021年11月現在、国内でも多くの地域で過去最大の流行となった第5波はほぼ収束しましたが、2019年の発生以来、現在に至るまで、実務面でも、在宅医療、在宅ケア、そして地域活動が大きく制限され、今後の社会において、どのようにしていくことが良いのかと問題提起されました。
しかし、世代、性別、国籍、人種、障害の有無などを問わず、地域に住む多くの方が同じ不安を感じ、人と接することの有り難さを共有できたことは、「地域共生社会」の実現にとって、プラスの機会と捉え「地域共生社会はみんなで支える。誰もが安心してくらせるまちをつくる。」のテーマを掲げさせていただきました。
是非、本大会で皆様と地域での活動や想いを全国で共有できればと存じます。

本大会は、現地参加とオンラインとのハイブリッドでの開催を予定しておりますが、もしご都合つきましたら“湘南ひらつか”という温暖で笑顔多き街もご覧いただければ幸いです。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。